お墓参りについて

墓石を選ぶにあたって、当然必要になることがお墓参りです。

良い墓石を選ぶことができるかどうかはお墓参りの数に比例すると言っても過言ではありません。

お墓参りで恥をかくのも嫌ですし、ご先祖様にバチ当たりな事も出来ませんので、最低限のマナーは知っておいてください。

下記がその注意点です。

 

・水汲み場で手を清める

知らない人が多いのですが手を清めることは大事です。

神社に行くと、手を清める人がほとんどですが、何故かお墓参りだと清めない人が多いです。

僕からすると有り得ない行為です。

今すぐ清めなさいと何度言った事でしょうか。

 

・掃除をする

これも当たり前ですね。

ただ当たり前のことも出来てないので本当に残念だなと思うことも多いです。

これはお墓参りだけではなく、日常生活にも当てはまることです。

掃除をすると本当に気持ち良くなれると思いますし、お墓参りでは当然のことなのでしっかりしましょう。

 

・墓石を清める

これは皆さんご存じですよね。

ただこんな人がいました。

お水を掛けずにタオルで拭いているのです。

大バカ者です。

お水をきっちり掛けないと、墓石に傷がついてしまいます。

しかもその墓石は見る限り、とっても高価な墓石です。

しっかりおしおきしました。

ご先祖様も喜んでいることでしょう。

 

・花立てを洗う

新しいお花を持って行き、換えることはみなさんするでしょうが、花立てを洗うことを出来ていない人が最近では目立ちます。

やはり若い人に多いですね。

ここまでくると何歳以下はお墓参り禁止と言いたいところですが、子供でもお墓参りはします。

ですので、家族がきっちりお墓参りとはこうだという良いお墓参りの仕方をしっかり伝えてほしいですね。

 

・血縁の深い順に礼拝する

血縁の深い人というのはお墓参りする人の子供や兄弟とかでしょうね。

ちょっとした親戚がでしゃばって先に合掌礼拝しようものなら大問題ですね。

いや、もはや、有り得ない領域です。

これぐらいのことは誰でもわかると思いますのでこれ以上は言いませんが、気を付けてください。

・供え物を持ち帰る

これが出来ていなければもはやお墓参りではないです。

せっかくちゃんとお墓参りできたと思ってもこれが出来てなければ本末転倒です。

 

・まとめ

もちろんこれ以外にも気をつける点はいくつもありますが、きりがないので、最低限必要なことだと認識してください。

でもこれだけやれていると恥をかくことはないと思いますので、自信を持ってお墓参りをしてください。